9月23日(水)〜27日(日)にかけて開催中の「東京ゲームショウ2020 オンライン(略称:TGS2020 ONLINE)」。今年は史上初となる“オンラインのみ”の形式で実施され、初日からさまざまな情報が解禁。世界中のゲームファンを沸かせているが、毎年、会場まで足を運んでいた人にとっては、現地の熱気を直に体験できないのは寂しいところでもあるだろう。そこでこちらの記事では、「TGS」のもうひとつのお楽しみでもある、会場を彩るコスプレイヤーたちをクローズアップ。過去の「TGS」で撮影させてもらった写真とあわせて同イベントの振り返りリポートをお届けしよう。

連載第3回となる今回は、2018年に実施された「東京ゲームショウ2018」をプレイバック。もともとコスプレ界隈でも人気が高く、2015年のリリース以降、扮するレイヤーが爆発的に増えた「Fate/Grand Order」だが、この年は特に同作のコスプレ参加者が多く、マシュ・キリエライトやジャンヌ・ダルク、ネロ・クラウディウスといったキャラクターたちが続々と集結。

日中は気温も高かったため、水着バージョンの衣装で参加していたレイヤーも大勢いて、各所に撮影のための長蛇の列ができていたのが印象的だった。
もちろんそのほかにも、「ファイナルファンタジー」シリーズや「アイドルマスター シンデレラガールズ」「アズールレーン」「ぷよぷよ」といった新旧さまざまなゲーム作品も人気で、これらのヒロインに扮し、撮影&交流を楽しんでいたコスプレイヤーの姿も。

「ラブライブ!」や「封神演義」「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」など、アニメ作品のコスプレで遊びに来ていたレイヤーも多く、衣装を着たままホール内を見て回り、最新ゲームの試遊やステージイベントを満喫するグループも各所で見られた。

ちなみに今年の「TGS2020 ONLINE」は、その名称の通り、現在同イベントの公式サイト上にて好評開催中。プレイステーション5に関する最新情報はもちろん、各出展メーカーの速報や、新作ゲームの映像が見られる生放送番組なども、すべてこちらから視聴できるので、気になるトピックのある人はこまめにサイトを覗いて情報をチェックしよう。

そのなかには間違いなく、コスプレイヤーたちのコスプレ欲をくすぐるタイトルもあるはず(!?)なので、ゲームとコスプレ、どちらの展開も気になる人は「今後はどういったゲームキャラのコスプレが流行るのか?」という視点から、情報を追ってみるのもおもしろそうだ。

取材・文/ソムタム田井