山田洋次監督が松竹映画100周年記念作品として手掛ける『キネマの神様』(2021年公開予定)。沢田研二と菅田将暉がW主演を務める同作に、新たにRADWIMPSの野田洋次郎が俳優として参加することがわかった。

原田マハの小説を原作とする本作は、“映画の神様を信じ続けた人々に起きる”奇跡の物語。ギャンブル漬けで借金まみれのダメ親父だが、唯一“映画だけは”愛してやまない主人公のゴウを沢田、妻の淑子を宮本信子、若き日のゴウを菅田が、若き日の淑子を永野芽郁が演じ、映画を諦めた男があの日の夢と家族の愛を取り戻す姿を描く。

野田は、かつて助監督として撮影に明け暮れていたゴウとともに、撮影所で青春を駆け抜けた盟友である映写技師のテラシンを演じる。「将来は自分の名画座を持ちたい」と熱く夢を語る真面目で誠実な男だが、女性に対してはめっきり不器用という役どころだ。今回初めて山田監督とタッグを組んだ野田は、「山田監督の演出は明確で、緻密で、なにより映画への愛があふれだしていました」と撮影を振り返っている。

俳優としては『トイレのピエタ』(15)で初主演にして日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、今年はNHK 連続テレビ小説「エール」でも存在感を示すなど演技力も認められている野田。本作でどんな新境地を見せてくれるのか?公開を楽しみに待とう。


<キャストコメント>

●野田洋次郎(テラシン役)

「この度『キネマの神様』に参加させていただきました。物心ついた時からずっと山田監督の映画の世界に触れていた者として、今回いただいたお話はどこか絵空事のようでした。山田監督の演出は明確で、緻密で、なにより映画への愛があふれだしていました。もっともっと触れていたいと、監督の話を聞いてみたいと終盤に向かうに連れ名残惜しくなりました。きっとご覧になった誰しもが映画の持つ魔法に心を強く打たれることと思います。『キネマの神様』をどうぞお楽しみに」

文/足立美由紀