映画『ハクソー・リッジ』(16)でも描かれた衛生兵(メディック)の活躍を追うBBC制作の戦争アクション。英国陸軍歩兵部隊2セクション所属の女性衛生兵が仲間と自分の命の危機と向き合いながら、負傷者を救うための任務に挑む。
戦争ドラマならではの迫力の銃撃 シーンに加え、孤児となった子供たちを保護するなど女性的な視点で紛争地の問題にも焦点を当てる。勇敢でタフな主人公ジョージ(ミッチェル・キーガン)は恋愛にも積極的。イケメン兵士たちとのロマンスも絡めたことで英国の視聴者の心をつかみ、平均視聴者数約570万人を誇る人気作となった。

■災害支援や対テロ組織…過酷な任務の数々
大地震が起きたネパールでの救援活動、アフガニスタンでのタリバン残党との戦い、ナイジェリアの人身売買組織との抗争など、世界各国の紛争地帯に派遣される特別救助隊の任務はどれも過酷。敵の銃撃を受けながら、走行中の車内で負傷者の手当てをすることも。

■衝突を繰り返しながら深まる仲間との絆
衛生兵として優秀なジョージーは仲間からの信頼も厚い。持ち前の責任感の強さで新人の女性兵士メイジー・リチャーズ(シャローム・ブルネ・フランクリン)の教育係を担当。反抗的で無鉄砲なメイジーに頭を悩ませながらも、先輩兵士として戦場での心得を指導し、ジョージー自らも成長していく。

■人生の岐路に立つヒロインの葛藤
の美貌が引き寄せるのか、恋多き女でもあるジョージー。紛争地にいながら元恋人のエルヴィス(ルーク・パスクァリーノ)と作戦を共にしたり、被災地支援をするなかで現地のNGOの男性と恋に落ちたりと忙しい。頼れるチームのボス、ジェームズともただならぬ雰囲気に?

文/峯丸ともか