坂上忍、文春砲を食らったら?「切り抜け方はひとつしかない」

坂上忍、文春砲を食らったら?「切り抜け方はひとつしかない」

俳優・坂上忍が8月10日にTジョイPRINCE品川シアターで開催されたクリストファー・ノーラン監督最新作『ダンケルク』(9月9日公開)のIMAX版完成披露試写会に出席。本作に「相当惚れた」とシビれまくりで、「ノーランって頭おかしい」と最高の賛辞を送った。

本作は、第二次世界大戦中の1940年、フランス・ダンケルクの海岸でドイツ軍に包囲されたイギリス、フランス軍の兵士約40万人を860隻の船舶で救出した、史上最大の救出作戦を映画化した戦争映画。この日は、映画ライターのよしひろまさみち、映画コメンテーターの有村昆も登壇した。

坂上は「死ぬほど疲れました」と緊迫感あふれる映画にのめり込んだ様子で、「それぐらいパワフル。ノーラン節全開といった映画。ここまで圧がすごい映画を久しぶりに観た。相当、惚れました」と大絶賛。「いい意味で裏切って、その上を行く。ノーランって頭おかしい。これは褒め言葉」と独特の褒め言葉をお見舞いしていた。

司会から「もしノーラン監督を日本の芸能人に例えるなら?」と聞かれると、坂上は「ここまでやるんだっていう監督さん。日本だったら、長谷川ゴジさん(和彦)、相米慎二さん」と回答。「そういう人は、いないとダメ。そういう人にちゃんと映画を撮り続けさせてほしいというのが、映画ファンの思い」と熱っぽく語っていた。

また史上最大の救出作戦を描く映画にちなみ、「ピンチの切り抜け方」を聞かれる一幕も。坂上は「戦争映画には機関銃や大砲がありますが、今ぼくらの業界では、文春砲というとんでもない大砲がある」とサービスたっぷりにコメント。

MCを務めるバラエティ番組「バイキング」で金曜MCを担当する宮迫博之の不倫疑惑が持ち上がっているが、「明日の放送はどうしてくれよう」とニヤリと笑い、「もしも文春砲を食らったとしたら、切り抜け方はひとつしかない。正直に謝ること。これだけ。以上!」と宮迫にメッセージを送っていた。【取材・文/成田おり枝】

関連記事

おすすめ情報

Movie Walkerの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索