中川翔子がオタク全開!「東京コミコン2018」記者会見でハリウッドスターの“神対応”に大感激!

中川翔子がオタク全開!「東京コミコン2018」記者会見でハリウッドスターの“神対応”に大感激!

昨年4万人もの来場者を動員したポップカルチャーの祭典「東京コミコン」。6月15日にザ・プリンスパークタワー東京にて次回「東京コミコン2018」の開催決定&アンバサダー発表記者会見が催され、名誉会長の山東昭子参議院議員、実行委員長の胸組光明、アンバサダーを務める中川翔子、さらに海外からの特別ゲストとしてマイケル・ルーカーが登壇。コミコンさながらの、笑い声が絶えないにぎやかな会見となった。

会見では、まず山東議員と胸組実行委員長が登場し、イベントの概要を説明。「東京コミコンならではの“食”というテーマは今年も引き継ぎながら、展示などスケールアップする予定。昨年は6人が来日した海外のゲストもそれ以上を呼びたいと思っている」と今年の開催へ意欲をのぞかせた。

続いて、登場した中川翔子は「大変光栄で本当に幸せです!昨年は“旬”な竹内涼真さんが務めたということで…“熟してきた”私ですが、私なりに頑張りたいです」とアンバサダーに選ばれた喜びを笑いを交えながら素直に表現。さらに「連日コスプレをしたり、アメコミのイラストをたくさん描いたりしたい」とオタクな一面をのぞかせ、本番が楽しみで仕方ないという様子だった。

会見にはさらに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のヨンドゥ役で知られるマイケル・ルーカーが登場するサプライズも。「ショウコサ〜ン!」と中川の名を叫びながらハイテンションで壇上にあがると、中川もこのハリウッドスターのラブコールに「メルルだ〜!」と「ウォーキング・デッド」でルーカーが演じた役名をあげながらオタク丸出しで大興奮。

昨年の東京コミコンにも参加し“神対応”が話題となったルーカーだが、この日も登壇するなり中川にアメをプレゼント。さらに中川からの「日本のこと好きになりましたか?」という質問には「ハイ!……ドウモ!アリガトウ!モシモシ!」と日本語連発で答えたり、「コスプレはなにがイイと思いますか?」という問いには「黄色が好きみたいだから…セクシーなピカチュウ!」とアドバイスしたりと、笑いを交えながらもジェントルマンな対応を見せる。これには中川も「神対応や〜」とルーカーにウットリだった。

会見の最後には締めのコメントをする胸組委員長のマイクをルーカーが奪い取り「今年も俺に来てほしいか?」と会場に問いかける一幕も。会場から大きな拍手が上がると「じゃあ行くよ!」とルーカーがコメント、「最初のゲストは決まったみたいですね(笑)」と胸組委員長が締め、本番さながらの雰囲気の中記者会見は終了した。(Movie Walker・取材・文/トライワークス)

関連記事

おすすめ情報

Movie Walkerの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索