ブリトニー・スピアーズ、ファンへのお礼で自ブランドを宣伝し炎上!

ブリトニー・スピアーズ、ファンへのお礼で自ブランドを宣伝し炎上!

コンサートツアー「ピース・オブ・ミー」で、現在ヨーロッパ15か所を巡業中のブリトニー・スピアーズ。4日には、英ブライトンで開催されたLGBTQイベント、「ブライトン・プライド2018」に出演し、会場を大いに盛り上げたと伝えられている。ブリトニーは今年4月、LGBTQコミュニティへの貢献を認められ、「GLAAD(中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟)メディア賞」を受賞したばかりだ。

コンサート後は多くのファンがSNSに賞賛の言葉を書き込み、ブリトニーも感謝のメッセージをツイッターに投稿。ところが、「イギリスの“プライド”イベントでは、たくさんの人たちが多様性の受け入れを祝う場面に立ち会えて嬉しかったわ!“なりたい自分になれる自由”は、本当に大切なことよね。だからすべての人のために、『Prerogative(「特権」の意)』っていう香水を作ったの!ブーツ(英国の大手ドラッグストア)で限定販売中だからチェックしてね!」とツイートされると、ファンは一気に鼻白んでしまったようだ。(現在ツイートは削除済み)

「“プライド”特別バージョン」として発売された香水「Prerogative」は、販売価格40ポンド(約5800円)で、1本につき1ポンド(約144円)が、メディア監査を行う非政府団体「中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟」に寄付される仕組みだ。しかし募金額についても、「LGBTQで商売して、寄付するのはたった2.5パーセント?」との不満の声が漏れ聞こえているという。

LGBTQコミュニティからは、「何か寂しいわね。ブリトニーは大好きだけど、“ストーンウォールの反乱”(LGBTQコミュニティが初めて警察と衝突した事件)は、ポップスターがチェーン店で香水販売するのを手伝う場所じゃないわ」「空気読めなさすぎ」「これはかなり重大なミスだよ。PRチームを解雇して!」といった意見が寄せられ、せっかくの盛り上がりに興ざめな印象を与えてしまったようだ。(Movie Walker・UK在住/シャオ)


関連記事

おすすめ情報

Movie Walkerの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索