30年ぶりの続編!『ゴーストバスターズ3』特報映像がお披露目

30年ぶりの続編!『ゴーストバスターズ3』特報映像がお披露目

ソニー・ピクチャーズが製作を進めていた「ゴーストバスターズ」シリーズの最新作の監督を、オリジナル版『ゴーストバスターズ』(84)と『ゴーストバスターズ2』(89)のアイヴァン・ライトマン監督の息子である、ジェイソン・ライトマンが務めることになったと、米バラエティなどの複数メディアが報じた。

ジェイソン・ライトマンの監督歴は長く、いままでにエレン・ペイジ主演の『JUNO/ジュノ』(07)や、ジョージ・クルーニー主演の『マイレージ、マイライフ』(09)でアカデミー賞監督賞にノミネートされたことがある。最近ではシャーリーズ・セロンの演技力を引き出した『タリーと私の秘密の時間』(18)や、ヒュー・ジャックマン主演の政治ドラマ『フロントランナー』(19)で高い評価を受け、親の七光りではない実力派監督として、ハリウッドで認められている。

今回ジェイソンがメガホンを握る最新作は、16年に公開されたリブート版『ゴーストバスターズ』の続編ではなく、父アイヴァンが監督したオリジナルシリーズにつながる物語になるそうだ。ジェイソンは本作の脚本を『モンスター・ハウス』(06)で有名な英国人監督のギル・ケナンと共同執筆する。

このニュースが公開されてから、本作にも84年版に出演したビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、シガニー・ウィーバーといったオリジナルキャストが出演するのではないか、と話題になっている。

ストーリーやキャストなどの詳細は明らかになっていないが、ジェイソンは自身のSNSで「みんな、安心して。あの車をみつけたから」とコメントし、劇中に登場する有名な車「Ecto-1」が映しだされるティザー映像を公開した。

ジェイソンは父が監督した『ゴーストバスターズ2』に子役として出演もしており、そのことを思い返してか、原作でレイモンド・スタンツ博士を演じたダン・エイクロイドは 「元祖ゴーストバスターズの候補生だったジェイソンがクリエイティブ・リーダーとして作品を引き継ぐことになった。彼は本当に素晴らしい監督だしね。本当に嬉しい!」と自身のツイッターでコメントした。

実はジェイソンが、このような高予算のブロックバスター作品を手掛けるのは今回が初めてだ。16年のリブート版は、女性を主人公にした斬新なアイディアが評価されつつもファンの間で不評だったこともあり、最新作に対するファンの期待は高まるばかりだ。

『ゴーストバスターズ』最新作は今年中に撮影が行われ、20年夏に公開予定となっている。(Movie Walker・LA在住/小池かおる)


関連記事

おすすめ情報

Movie Walkerの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索