ディーン・フジオカ、松下奈緒のチェロの腕前に感嘆!「僕もいまバイオリンをやっているので…」

ディーン・フジオカ、松下奈緒のチェロの腕前に感嘆!「僕もいまバイオリンをやっているので…」

漫画家の北条司が初めて実写映画の総監督を務めた『エンジェルサイン』の公開を記念した舞台挨拶が11月16日にユナイテッド・シネマ豊洲で開催され、松下奈緒とディーン・フジオカが登壇。ディーンが「びっくりしました」と松下のチェロのプレイに驚いたことを明かした。

本作は、世界最大級の漫画オーディション「サイレントマンガオーディション」で選ばれた複数の作品を世界各国の監督たちが実写映画化し、それらをつなぐ役割を果たす「プロローグ」「エピローグ」を北条自身がメガホンをとって作り上げた長編オムニバス映画。松下とディーンは「プロローグ」「エピローグ」で主演を務め、チェリストのアイカ(松下)とピアニストのタカヤ(ディーン)という音楽を愛する恋人同士を演じた。

チェロにトライした松下は「触るのも初めてだったので、難しかったです」と苦労を吐露。ミュージシャンでもある松下だが、「音楽をやっていると、どうしても吹き替えでやるのが許せないところがあって。ちゃんと自分の指の動きで見せたいと思って、相当練習しました。音楽で紡ぐストーリーでもあるので、そこに嘘があっちゃいけないと思った」とストイックな姿勢で特訓に励んだという。

ディーンは「現場で松下さんのプレイを生で見させていただいて、びっくりしました。よくこんなにできるなって」と告白。「僕もいま、たまたまバイオリンをやっているんですけど」と放送中のドラマ「シャーロック」でバイオリンを弾くシーンがあることに触れ、「弦を直接触る弦楽器は、やっぱりすごく難しいんですよ」と松下の努力を称えていた。

撮影の合間に、ディーンは「松下さんのチェロを借りて、ドラえもんのテーマ曲を練習していた」そうで、松下は「私たち、楽器がそばにあるとすぐ弾いちゃったり、遊んじゃったりする。いい気分転換になりましたね」とニッコリ。主題歌「Chasing A Butterfly feat. Nao Matsushita」はディーンが作詞作曲を手掛け、松下がピアノと歌で参加した。松下は「チェロとピアノだけじゃなくて、最後までディーンさんと音楽で共演させていただいてうれしかった」と喜びを語っていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)


関連記事

おすすめ情報

Movie Walkerの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る