本来であれば、1月9日はキャサリン妃の38歳の誕生日というおめでたいニュースがメディアを賑わすはずだったが、直前にメーガン妃とヘンリー王子が、高位王族退位というショッキングなニュースをインスタグラムで発表したため、事態は一変。メディアは一斉にこのニュースを取り上げており、祝福ムードどころか英王室の分断を大々的に報道。

一説によれば、エリザベス女王もチャールズ皇太子も高位王族退位の知らせは受けておらず、また英国と北米の2か所の生活基盤についてもテレビのニュースで知ったと言われており、ありえないタイミングでの発表に炎上騒ぎになっている。

メーガン妃とヘンリー王子が、高位王族退位というショッキングなニュースをインスタグラムで発表した16時間後に、キャサリン妃が、公式インスタグラムでポートレート写真をお披露目。エリザベス女王とチャールズ皇太子夫妻もそれぞれのインスタグラムで誕生日を祝福したが、メーガン妃とヘンリー王子のインスタグラムには、祝福のコメントは投稿されていないどころか、おめでたいムードに水を差す行為には、「本当に空気が読めない。ヘンリー王子には失望した」「エリザベス女王、チャールズ皇太子、さらに未来の国王の妻キャサリン妃にも嫌がらせするとは…」「ありえないタイミングだけど、セレブの友達にアドバイスされたの?」「メーガン妃が来てから英王室が分断されてしまった。これ以上引っ掻き回さないでほしい」といった非難の声が殺到している。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)