2018年に公開されるやスマホ世代からの圧倒的な共感を集め、興行収入19.6億円の大ヒットを記録した『スマホを落としただけなのに』の続編となる『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』が2月21日(金)から公開されるのに先駆けて12日、東京・スペースFS汐留で公開直前イベントが開催。主演の千葉雄大とヒロインを務める白石麻衣が登壇した。

連続殺人鬼だった浦野が逮捕されたことで、長い髪の女性ばかりを狙った連続殺人事件は幕を閉じたと思われていたが、再び同じ現場から若い女性の遺体が発見される。捜査が混迷を極めるなか、前回の事件を解決に導いた刑事の加賀谷は最後の手段として収監中の浦野へ面会を申し込み、浦野にネット犯罪のすべてを教えたという「M」の存在を知る。「M」を捕まえるために仕方なく浦野と手を組むことになった加賀谷だったが、時同じくして恋人の美乃里が何者かに狙われてしまい…。

前作に引き続き刑事の加賀谷を演じた千葉は、先日行われた本作の完成披露試写会について「『スマホ2』をひっさげてみなさんの前に立たせていただいたことにグッときて、めっちゃ緊張しました」と振り返ると、前作の田中圭からバトンを引き継いでの主演を務めることに「真ん中にいるのでバランスが崩れないようにしました(笑)。主演としていろんな番組にも出させていただいてるので、より多くの人にこの映画を知っていただきたいと思って活動しています」とコメント。

一方で白石も「普段グループで舞台に立つのとまったく違う感じで、どうしようかと思った」と心境を明かすと、本作の周囲からの反響について「マネージャーさんは観てくださっておもしろいって言ってくださったんですが、(乃木坂46の)メンバーは忙しくてまだ1人も観てもらえていないので、早くみんなに観てほしい。とくに生田絵梨花は『はやく観せて!』って言ってくるので、すぐ観てもらえるかなと思います(笑)」と語った。

さらに千葉は、すでに行われている本作の試写会での反響についてエゴサーチをしたことを明かし「“千葉ポリス”としては結構ネタバレを気にされている方がいるという印象です。僕も宣伝の時に内容が話せないので、どう伝えるかはエゴサーチで勉強しました(笑)」と照れ笑い。そして番宣でバラエティ番組などに出演した際の千葉と白石のやり取りが「お見合いみたい」と言われていたことに触れると、白石からは「公開日までにもうちょっとフランクに」と、お互いを愛称の“ばーちー”と“まいやん”で呼び合う練習をするなど、会場を沸かせた。

その後2人は、会場に集まった132人の観客にスマホやSNSでの恋愛にまつわる意識調査を行なうことに。「SNSやマッチングアプリで出会うのはあり?」という質問に会場の58人が「あり」だと答えたのを受けて千葉は「出会いのきっかけの一つとしてはいいのかなと思う」と述べると「出会いがないので、興味はあります(笑)」とコメント。一方で白石は「知ってる人じゃないと会うのも怖いので、私には向いてないな…」と持ち前の人見知りを発揮。

そして「SNSで告白をしたりされるのはあり?」という質問に、2人は揃って「なし」の回答。「やっぱり告白するなら直接面と向かって言いたい。されるのはどちらでも嬉しいけど、面と向かっての方が嬉しいですね」と語る千葉に対し、白石は「文字だったら誰でも打てるし気持ちがわからない。ちゃんと相手の目を見て言ってほしい。男でも女でも勇気出して言うのがけじめだと思います」と一刀両断。それには千葉も「こういうところがいいですよね。こういうところを“武士”って呼ばせてもらっています」と賛辞を送っていた。(Movie Walker・取材・文/久保田 和馬)