ジャネール・モネイが歌う映画『A Beautiful Day in the Neighborhood』(19)の楽曲で始まった第92回アカデミー賞は、既報の通り、歴史が大きく動いた夜となった。授賞式から一夜明けた2月10日の朝も、現地のテレビや新聞では着飾ったハリウッド・スターたちではなく、相変わらずの無造作ヘア満面の笑みを浮かべ4体のオスカー像を握りしめたポン・ジュノの姿が映しだされていた。

『パラサイト 半地下の家族』(公開中)が今回のアカデミー賞で起こした奇跡は、ロサンゼルスにおけるアジア映画の旗振り役として知られるLAタイムズのジャステン・チャン記者でさえも想定できなかったようだ。10日ほど前、彼は「『パラサイト』がオスカーを必要としている以上に、オスカーには『パラサイト』が必要だ」という署名記事内で『パラサイト 半地下の家族』の素晴らしさを力説し、最後に「あとはアカデミー会員の手に託された」と締めた。そして、授賞式翌朝のLAタイムズでは、「アカデミー賞は、遂に本当に優れた作品に“作品賞”を授与した」と書いている。

韓国映画101年の歴史で初めて、第92回アカデミー賞で国際長編映画賞にノミネートされた『パラサイト 半地下の家族』は、1つだけでなく計4つのオスカーを手にして2020年のアカデミー賞最多授賞作品となった。それも、脚本賞、監督賞、そして作品賞という主要部門をすべておさえた完全勝利。この結果には、ポン・ジュノ監督も思わず「クレイジーだ…」と叫んでしまったという。脚本賞、国際長編映画賞、監督賞と授賞を重ねていくたびに、『パラサイト半地下の家族』、そしてポン・ジュノ監督への会場からの拍手や声援が大きくなっていくのが、テレビのこちら側にも伝わってきた。

なぜ、『パラサイト』が4つもオスカーを獲ることができたのか?という検証には様々な複合的理由があるだろうが、一番大きな要因は“応援したくなる作品”だったということではないか。ポン・ジュノ監督の人柄や、作品が持つ可能性に多くの人が引き込まれていった。賞レースのライバルである『ジョジョ・ラビット』(公開中)のタイカ・ワイティティ監督や『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(公開中)のライアン・ジョンソン監督は、前哨戦でポン・ジュノ監督と会うと、うれしそうに一緒に写真を撮って自身のSNSに投稿していた。

そして、ポン・ジュノ監督の最大の武器は、通訳込みの韓国語と英語を混ぜ、絶妙な笑いのタイミングを計るスピーチ力だ。それはアカデミー賞本番でも遺憾なく発揮され、真面目なスピーチをしたあとに英語で「I am ready to drink!(もう飲みに行きます!)」と言い、笑いを取る。ポン・ジュノ監督と『パラサイト 半地下の家族』のキャンペーンを共に走り抜けた通訳のシャロン・チョイもすっかり人気者になった。ポン・ジュノ監督は監督賞の受賞スピーチのなかでは、「映画を学んでいた学生のころから大切にしていた言葉があります。『最もパーソナルなことは、最もクリエイティブなことだ』。これは、偉大なるマーティン・スコセッシ監督の言葉です」と述べ、会場からはスコセッシ監督へのスタンディング・オベーションが起きた。その時、スコセッシの目には涙が浮かんでいた。また、ポン・ジュノ監督の作品を応援し、北米での上映に尽力したクエンティン・タランティーノ監督へも感謝を伝え、彼らと肩を並べてノミネートできたことが誇りだと締めた。

韓国語で通訳をつけて話しても、アクセントの強い外国人特有の英語で話しても、ポン・ジュノ監督の持つユーモアが人々に伝わるスピーチとなったが、それは彼の映画にも言えることだった。

ポン・ジュノ監督だけでなく、今年の受賞者のスピーチは、彼らのいまを作ってきたことに感謝を述べる感動的なものが多かった。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(19)でスタントマン役を演じ、助演男優賞を受賞したブラッド・ピットは、スタントマンやスタント・コーディネーターに感謝を述べ、「過去を振り返るタイプじゃないけど」と断ったあとで、両親に『明日に向って撃て!』(70)を観に連れて行ってもらったことや、最初の出演作品『テルマ&ルイーズ』(91)のリドリー・スコット監督や主演のジーナ・デイヴィス、彼のキャリアを共に築いてきた周囲の人々へ感謝の意を述べた。「だから僕はここにいる。ワンス・ポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(むかしむかし、ハリウッドでは…)、本当にそのとおりだ」。

『マリッジ・ストーリー』(19)で助演女優賞を受賞したローラ・ダーンは、アカデミー賞に何度もノミネートされながら受賞できなかった俳優の両親を讃え、『ジョーカー』(19)で主演男優賞を受賞したホアキン・フェニックスは、亡き実兄のリバー・フェニックスが17歳の時に書いた詩を読んだ。『ジョジョ・ラビット』で脚色賞を受賞したタイカ・ワイティティは、マオリ族として初めてオスカーを受賞し、「原住民の子どもたちにこの賞を捧げます」と述べている。これまでアカデミー賞において、映画という魔物に取り憑かれ、ハリウッドで虚構にしのぎを削る彼らの言葉が、ここまでダイレクトに伝わった年もなかったのではないだろうか。一方で、今年のアカデミー賞のテレビ視聴者数は最低記録を持つ2018年度よりもさらに低く、前年の2956万人から20%ダウンの2360万人だった。2年連続司会者を立てずに進行した授賞式はいささか冗長で、途中に挟まれるミュージック・ゲストが間延び感をさらに増長させた。サプライズ・ゲストのエミネムや、先日の第62回グラミー賞で数多くの賞を受賞したばかりのビリー・アイリッシュを引っ張ってくる演出も強引に見えた。

アカデミー賞の視聴者数が落ちているのは、内容の問題ではない。それは、全米ネットワーク・チャンネルのABC(親会社はディズニー)にて行われる約3時間の生放送という放送形態は、現代の人々の生活様式とずれてきてしまっているからだ。

2020年は、3時間もの時間をテレビの前で団欒を囲むような時代ではなく、多くの人は結果をSNSで確認して、話題になったシーンのみを細切れの動画を観る。それを裏付けるかのように、近年ではグラミー賞、エミー賞などの特別番組の視聴人数も軒並み下落している。今後も、放送形態を見直さずに視聴率や視聴人数に一喜一憂している間は、テコ入れと失敗の連続になるのではないだろうか。

それでも、明るい話題もある。『パラサイト 半地下の家族』は授賞式翌日の興行成績で50万ドル(約5,500万円)を叩きだし、4位につけている。この現象は2011年の『英国王のスピーチ』(10)が作品賞を受賞した年以来だという。

『パラサイト 半地下の家族』は昨年10月に北米公開され、1月にはすでに配信が始まっているが、オスカー受賞後の週末には全米で1800館の劇場が再度上映を行う。今年のアカデミー賞は、主演助演共に俳優賞はすべてを白人の俳優たちが独占し、女性の受賞も少なかった。それでもマスコミは今年のアカデミー賞に対し極めて好意的な評を載せ、映画情報サイトIndieWireは「『パラサイト』の4冠。ポン・ジュノが全てを救った。最低の視聴率、仕切りの悪さなどの問題は積載されているが、それも忘れよう。いままでのアカデミー賞授賞式でベストだ」と書き、スコアAをつけている。

毎年あらゆる問題が噴出するハリウッド。そのなかで最大のイベントであるアカデミー賞は、大きなサプライズですべてをチャラにした。アメリカやハリウッドには、こういう“自浄作用”が働く時がある。そこに希望を感じ得ずにはいられない。(Movie Walker・文/平井伊都子)