「失恋ショコラティエ」や「脳内ポイズンベリー」で知られる人気漫画家、水城せとなの「窮鼠」シリーズを『劇場』(4月17日公開)の公開も控える行定勲監督が映画化した『窮鼠はチーズの夢を見る』(6月5日公開)。このたび本作のオリジナルクリアファイル付きムビチケカードの発売が決定した。

本作は受け身の恋愛ばかりを繰り返していた主人公が、大学時代の後輩と7年ぶりに再会することから幕を開ける。優柔不断な性格が災いし、不倫を繰り返していた大伴恭一(大倉忠義)は、ある日再会した今ヶ瀬渉(成田凌)から突然想いを告げられる。はじめは戸惑いを隠しきれない恭一だったが、徐々に今ヶ瀬のペースに乗せられ、2人は奇妙な同棲生活を始めることに。しかし恭一の昔の恋人が現れ、2人の関係が変わり始めていく…。

繊細な表現力と確か演出力で、ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を2度受賞するなど国際的な評価も高い行定監督と、『100回泣くこと』(13)以来の単独主演作となる大倉忠義。そして昨年6本の映画に出演し第93回キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞を受賞した成田凌のタッグが実現した本作は、狂おしくも切ない恋を繊細かつ大胆に描き「R15+」指定となっている。

そんな本作のムビチケカードが、2月21日(金)から発売されることが決定。上映劇場の窓口で購入すると、原作にも登場する静かに海を見つめる恭一と今ヶ瀬の姿を写したビジュアルを使用したオリジナルクリアファイルがプレゼントされる。数量限定となっているので、ぜひ早めにゲットして本作の公開に備えてほしい。(Movie Walker・文/久保田 和馬)