2018年よりテレビアニメが放送され、情緒あふれる豊かな世界観と登場人物の繊細な心情描写が話題となった「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」。その完全新作となる『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が4月24日(金)より公開される。このたび特報第2弾映像が解禁となった。

京都アニメーション制作による本シリーズ。少女兵として戦うことだけを教えられ、人の感情を知らずに育ってきた主人公のヴァイオレット・エヴァーガーデンは、戦後“手紙の代筆”という仕事を通して様々な人たちと出会い、自らと葛藤しながらも成長していく。そして世界が少しずつ平穏を取り戻し、人々が前を向いて進んでいこうとしている時、ヴァイオレットは大切な人への想いを抱えながら、その人がいないこの世界で生きていこうとしていた。そんなある日、一通の手紙が見つかり…。

このたび解禁されたのは、「彼女には、普通の女性として生きて欲しかった」という言葉から始まる特報第2弾映像。感動的な物語と繊細でダイナミックな映像表現でアメリカ、ドイツ、シンガポールなど国内外で高い人気を誇ってきた京アニ作品ならではの美しい映像が広がる。テレビシリーズから始まった本作だが、今回の劇場版最新作についてプロデューサーの八田真一郎は「作品始動時は想定していませんでしたが、テレビシリーズがヴァイオレットの生きる姿を描いてきましたし、彼女のその先の未来を描くことがこの作品の帰結点だとは思っていたので、『劇場版』ではテレビシリーズの物語を踏まえたうえで、そこをしっかり描くことにしました」と語る。

また“愛”を描く物語となる本作だが、「幼い頃から“武器”として育てられたヴァイオレットはもともと感情というものがわからず、ギルベルトが告げた『愛してる』が分からなくて、それがどういうものなのかを探していました。『劇場版』はまさにその『愛してる』をベースにした展開になっています。ヴァイオレットがどんな形でそれを実感するのか?そこをぜひ見届けてほしいです」と本作の見どころについて語っている。

「『劇場版』だけをご覧いただいても、十分楽しめるものになっています。本作はテレビシリーズから始まったこの作品のフィナーレとなるものです。スタッフが精一杯の想いを込めて作り、石立監督も脚本の吉田玲子さんもこれ以上は描けない、という所まで極めています。ヴァイオレットという女性の生涯を一緒に温かく見守っていただけると嬉しいです」とメッセージを送った。

さらに本作のキャラクターデザインと総作画監督を手掛ける高瀬亜貴子の描き下ろしによる、“モーニング”B2ポスター付きムビチケが2月14日から発売開始されている。本作の公開劇場にて販売されており、数量限定となるのでぜひ早めにチェックしてほしい。(Movie Walker・文/富塚 沙羅)