新型コロナウイルス感染拡大の影響が様々な分野に及ぶなか、オスカー女優のエマ・ストーンが、先週末に予定していた挙式をキャンセルしていたことがわかった。

エマと、アメリカの人気コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」のディレクターで、昨年の12月に婚約したデイヴ・マッカリーは、3月14日、15日の週末にロサンゼルスで式を挙げる予定だった。しかし、13日にトランプ大統領が国家非常事態を宣言。とりわけカリフォルニアでのコロナウイルス拡大は深刻で、急遽式を延期したようだ。16日には同じくトランプ大統領が、10人以上の集まりを控えるよう呼び掛けている。

エマは、『アメイジング・スパイダーマン』(12)の撮影で知り合ったアンドリュー・ガーフィールドと2011年から交際を始め、結婚秒読みともいわれていたが、オンオフを繰り返した後、2015年に完全破局。その後、エマが「サタデー・ナイト・ライブ」に出演したことがきっかけで、デイヴとの交際がスタート。

昨年の12月に、デイヴが、自身のインスタグラムでエマの薬指に光るパールのエンゲージリングの写真とともに、婚約を明らかにした。

ファッショニスタとして知られ、レッドカーペットのドレス選びが好評のエマは、2017年からルイ・ヴィトンの広告塔を務めており、ウェディングドレスは同ブランドのものになるだろうと言われているが、残念ながら新たな挙式の日取りは決まっていないという。

ほかにも、新型コロナウイルス感染拡大の影響でオーランド・ブルームとケイティ・ペリー、メグ・ライアンの元夫デニス・クエイドと39歳年下の大学院生が、挙式を延期している。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)