名匠・山田洋次監督の代表作で、渥美清演じる車寅次郎こと“寅さん”が、毎回温かい笑いと感動を届けてくれる国民的映画「男はつらいよ」。現在、BSテレ東ではシリーズ計49作品の4Kデジタル修復版を毎週土曜日に放送する「土曜は寅さん!4Kでらっくす」を展開中で、5月には第5〜9作が登場する。さてさて、今月の寅さんはどんな騒動を巻き起こすのか?

■ 堅気を目指して寅さんが豆腐屋で働き始める『男はつらいよ 望郷篇』(70)<5月2日放送>

北海道で義理のある竜岡親分(木田三千雄)の悲しい末路を目にし、テキ屋家業に嫌気が差した寅さんは、堅気を目指し、浦安の豆腐屋に住み込みで働き始める。豆腐屋には美容院で働く娘・節子(長山藍子)がおり、明朗快活で気風の良い彼女に、またしても寅さんは恋の虜に。本作はシリーズ完結作になる予定だったが、あまりの作品の人気ぶりに延長されることになった。そのため、テレビドラマ版で寅さんの妹・さくらを演じた長山藍子がマドンナ・節子役、団子屋のおばちゃんを演じた杉山とく子が節子の母役、博役だった井川比佐志が恋敵を演じるなど、集大成的な配役となっている。

■ 若尾文子らとの競演に注目の『男はつらいよ 純情篇』(71)<5月9日放送>

赤子を連れた若い女性・絹代(宮本信子)への情にほだされ、彼女の父・千造(森繁久彌)の住む、五島列島の福江島を訪れる寅さん。郷愁の念にかられ、柴又へ帰る寅さんだが、そこで自分の部屋を間借りしていた美しき人妻(若尾文子)と出会い、一目惚れしてしまう。大映のトップスターとして活躍していた若尾文子や名優・森繁久彌と、渥美清との競演は必見だ。

■ 頼りない少女に寅さんが恋する『男はつらいよ 奮闘篇』(71)<5月16日放送>

寅さんの産みの親・お菊(ミヤコ蝶々)がとらやを訪れる。そこへ寅さんもふらりと帰って来るが、お菊に自身のだらしない生活ぶりを怒られ、また旅に出てしまう。静岡で啖呵売(たんかばい)を始めた寅さんは、ひょんなことから津軽なまりの少女・花子(榊原るみ)に出会い、頼りない彼女を放っておけなくなる。これまでの大人の女性や、若い女性のマドンナとは違う、少女・花子への、寅さんをはじめとする柴又の人々の温かい目線が新鮮。

■ 寅さんが家庭を持つことを夢見る『男はつらいよ 寅さん恋歌』(71)<5月23日放送>

「母危篤」の知らせを受け、備中高梁へと向かった博(前田吟)とさくら(倍賞千恵子)は、葬儀にやって来た寅さんと再会する。寅さんは博の父・飃一郎(志村喬)と意気投合し、彼の話を聞くうちに所帯を持つことを真剣に考え始める。そんな時、柴又に美人の未亡人・貴子(池内淳子)が喫茶店を開店し、一人で店を切り盛りする彼女を見て、寅さんは貴子との家庭を夢見始める。『七人の侍』(54)や『ゴジラ』(54)の名優・志村喬が、寅さんに影響を与える飃一郎を好演する。

■ シリーズに吉永小百合を迎えた『男はつらいよ 柴又慕情』(72)<5月30日放送>

旅先の金沢でOL三人組との楽しいひと時を過ごす寅さんは、三人組の一人で著名な小説家を父の持つ歌子(吉永小百合)に強く心惹かれていく。旅から帰った寅さんは、歌子への想いから抜け殻のようになってしまう。そんなある日、歌子がとらやを訪ねてやって来て、寅さんはすっかり色めき立ってしまう。吉永小百合が父との関係に悩む歌子を演じ、娘を手放すことができない父親とのエピソードが展開される。

“観逃した!”という人に、「土曜は寅さん!4Kでらっくす」ではすでに放送されてしまったシリーズ第1〜4作も紹介しておきたい。これらの作品はパッケージが発売中のほか、配信サイトHulu、U-NEXTなどでも鑑賞することができる。

■ 『男はつらいよ』(69)

1968〜69年にかけて放送されたテレビドラマ版に対する反響を受けて、公開された記念すべき第1作『男はつらいよ』。本作では、20年ぶりに故郷の柴又に寅さんが帰ってくるところから始まる。歓迎ムードも束の間、寅さんはさくらの縁談をぶち壊してしまい、またあてのない旅に出る。気の向くままに奈良を訪れた寅さんは、御前様(笠智衆)とその娘・冬子(光本幸子)と再会し、幼なじみであり気さくな彼女に恋をしてしまう。

■ 『続・男はつらいよ』(69)

恩師・坪内散歩(東野英治郎)の娘・夏子(佐藤オリエ)に再会し、恋に落ちた寅さん。しかしは無銭飲食で警察沙汰を起こし、またも故郷を後にしてしまう。本作が初登場となる寅さんの産みの親・お菊との悲喜こもごものエピソードも見どころ。

■ 『男はつらいよ フーテンの寅』(70)

旅先の湯の山温泉で病に倒れた寅さんは、旅館の美人女将・志津(新珠三千代)に出会い、手厚い看護を受ける。彼女に一目惚れした寅さんは、旅館の番頭として懸命に働き始める。劇中で寅さんが、股旅姿で披露する余興姿も話題となった。

■ 『新・男はつらいよ』(70)

競馬で大金を手にした寅さんが名古屋からタクシーで帰郷。おじ夫婦をハワイ旅行へ連れていくと張り切るが、出発の朝、旅行会社の社長にお金を持ち逃げされてしまう。面子を気にする寅さんは、近所にはバレないように、おいちゃん(森川信)たちととらやに潜むことにする。そんな時、店に泥棒が入ったことから大騒動が巻き起こる。本作では、とことんついてない寅さんが恋するマドンナの春子先生を栗原小巻が演じた。(Movie Walker・文/トライワークス)