第69回ベルリン国際映画祭で審査員グランプリとなる銀熊賞を受賞したフランソワ・オゾン監督の最新作『By the Grace of God』(原題)が『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』の邦題で、7月に公開されることが決定した。

フランスを震撼させた、神父による児童への性的虐待事件という衝撃の実話を基に描く本作。幼少期に自分を性的虐待したプレナ神父がいまなお子どもたちに聖書を教えていることを知り、家族を守るため過去の出来事の告発を決意するアレクサンドル。

同じく被害にあった男たちの輪が徐々に広がっていくなか、教会側はプレナの罪を認めつつも責任を巧みにかわそうとする…。何十年経っても虐待のトラウマに苦しむ男たちが勇気を出し、告発するまでの葛藤、そして社会や家族との軋轢など告発したことによる代償と希望の物語が紡がれる。

いま現在もフランスで裁判が進行中の「プレナ神父事件」。一人の告発者から端を発した児童への性的虐待事件は、結果的に80人以上もの被害者が名乗りをあげ、プレナ神父が教区を変えながら長年にわたって信者家庭の少年たちに性的暴力を働いていたという驚くべき事実が明かされた。このフランスのみならずヨーロッパを震撼させた衝撃の事件に、『8人の女たち』(02)で同じくベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したフランス映画界の巨匠フランソワ・オゾンが挑む。

人生を破壊する性的虐待という暴力の恐ろしさ、そして人間の力強さと家族の愛。巨匠が描く人間の光と闇をあぶりだす極上のヒューマンドラマに期待が高まる。(Movie Walker・文/富塚 沙羅)