かの有名な中国の史実をまとめた「三國志」を、コメディ界のヒットメーカー、福田雄一監督のオリジナル脚本によって映画化した『新解釈・三國志』(12月11日公開)。すでに主演の大泉洋やムロツヨシら、クセの強い俳優たちの出演が発表され話題となっていたが、この度、新たなキャスト情報が解禁!山田孝之、城田優、佐藤二朗という、さらに一癖も二癖もある俳優陣の参加も明らかとなった。

誰もが一度は耳にしたことがある「三國志」は、今からおよそ1800年前、中国、後漢の時代を舞台に、魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物の名称のこと。いまだ解き明かされていない謎も存在し、様々な解釈がなされてきた。そこで、テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズや「銀魂」シリーズなど、今やコメディ界を牽引している福田監督がオリジナル脚本で映画化に踏み切り、誰も見たことが無い歴史エンターテインメント作品を作り上げた。

主演を務めるのは、シリアスからコメディまで演じ、圧倒的な存在感を残す大泉。「蜀」の武将、劉備玄徳を演じ、本作で福田監督と初タッグを組む。また、蜀を導く天才軍師の諸葛亮孔明にムロ、仁義に生きる豪傑の関羽を橋本さとし、超怪力の猛将、張飛を高橋努が演じる。

そしてこの度、「三國志」誕生のきっかけとなる「黄巾の乱」を起こしたとされる黄巾党の黄巾を山田、三國志最強の鬼神、呂布を城田、独裁者と名高い暴君、董卓を佐藤が演じることが明らかとなった。

役柄によって見た目や表情まで変えるカメレオン俳優山田は、待望の大泉との共演に「望み続けた大泉洋さんとの共演!感無量です!ありがとう福田雄一!」喜びのコメントを寄せている。門番としてたたずむ黄巾と、ぼやき続ける劉備の掛け合いは爆笑必至だ。

俳優業のみならずミュージカル、声優とマルチに活躍している城田は、迫力あるアクションシーンもこなし、最強と名高い呂布を見事に演じている。本人も‟最強の男“を演じられることを喜んだそうだが、「そこは福田組。ただ強くてカッコいい男を演じるだけで終わるわけがありません」と、どうやら‟いわゆる三國志的な”呂布ではないようだ。

そして、福田監督作品にはこの人ありと言わしめ、強烈なインパクトを残す曲者俳優佐藤は、「今回、歴史超大作の『三國志』ということで厳粛な気持ちで臨もうと思いましたが、監督が福田雄一ということを思い出し、全部やめました」と、福田組常連らしく、すんなりと撮影に入った様子。

また、董卓と呂布は最強のコンビだったにも関わらず、2人の関係を壊すために仕向けられた“美女”によって仲違いする、という逸話もあるという。福田流新解釈では、どのように描かれているのだろうか。

一筋縄ではいかない俳優陣と、観客の想像を超えるユーモアセンスで、大ヒットコメディ作品を手掛けてきた福田監督が放つ本作。一体どのような「三國志」に仕上がっているのか?今から公開が待ち遠しい!

<キャストコメント>

●山田孝之(黄巾役)

「望み続けた大泉洋さんとの共演!求め続けた大泉洋さんのキレのあるツッコミ!もう痺れました!感無量です!ありがとう福田雄一!たとえ少ない絡みだったとしても僕は多くを望みません!夢が叶いました!もう思い残すことはありません!さようなら!バイバイみんな!大泉洋バンザイ!」

●城田優(呂布役)

「あれはいつだったか、、確か3年ほど前、福田さんと2人でご飯を食べている時に『城田くん!今度映画で佐藤二朗と絶世の美女を取り合ってほしい!』と直接オファーをいただき、最初はなんのことかよくわからないまま『面白そうですね!!』とお答えしました。蓋を開けてみれば、かの有名な‟三國志“しかも最強の男”呂布”を演じさせていただけるだなんて、なんたる光栄なこと!!しかし、そこは福田組。ただ強くてカッコいい男を演じるだけで終わるわけがありません。笑いを耐えるのが、福田組での最も難しいミッション。乗馬の訓練より、殺陣の稽古より、現場で表情筋をコントロールし、平常心を保ちながら芝居を続けることが1番大変でした。どうかこの映画を観て『くっだらねぇなー』と一人でも多くの方に笑っていただき『明日も頑張るかー』と、明るく前向きな気持ちになっていただけることを願っています。皆様の笑い声に包まれた劇場でお会い出来る日を夢見て(^^)」

●佐藤二朗(董卓役)

「今回、歴史超大作の『三國志』ということで、神聖な、厳粛な気持ちでのぞもうと思い、撮影前に滝に打たれ、禅を組み、3日間断食しようと思っていたのですが、監督が福田雄一ということを思い出し、全部やめました。監督が福田雄一じゃなくてもやらないことばかりですが。福田組の時は常に、どうかしてしまう僕ですが、ボールの行き先はボールに聞いてくれといいますか、撮影が終わった瞬間、自分が何をやったか記憶がないんですね。なんなら撮影中も記憶がないんですね。大丈夫か俺。なので正直、今回も自分が何をやったか覚えてないんですね。ごめんなさい。とにかく三國志ファンの方々に怒られないよう、そしてこんな時期だからこそ、あっけらかんと笑って欲しい、そう思っとります」(Movie Walker・文/編集部)