約45キロ痩せて「認識不能」と伝えられていた歌手アデルが、5月5日に32歳の誕生日を迎え、自身の公式Instagramに投稿した写真が話題を呼んでいる。

アデルは、「愛のこもった誕生日のお祝いをありがとう。みんなが、このクレイジーな時に安全で、正気でいられることを願っているわ。そして、自らの命の危険を冒してまで私たちを守ってくれている医療従事者の人々やエッセンシャルワーカーのみなさんに感謝しています。あなたたちこそ、私たちにとっての真の天使です」というコメントと共に、ストレートヘアに、エルジンガの黒ニットのハイネック&ミニスカドレスと黒のハイヒール姿のアデルの、自宅前で笑顔を見せた写真を投稿した。

3600万人のフォロワーを誇るアデルのInstagramには、投稿から1日で975万件のいいね!がクリックされているが、昨年6月に見事に痩せた際には絶賛の声しかなかったのと比較して、見るたびにさらに痩せていくアデルには驚きと心配の声も多く、「ほんとにアデル!?」「痩せすぎてちょっと心配」「別人かと思った」といった声が。

Twitterには、かねてから一部のユーザーが指摘していた通り、アデルと女優のサラ・ポールソン(45)の写真を並べて掲載し、「サラ・ポールソンかと思った」「アデルと認識するのに少し時間がかかったわ」「サラがアデルを演じているのかと思った…」「2人ともゴージャスな女性だけど、似ている!!」といったコメントが飛び交っている。

ボディと共に顔が痩せて顔つきが変わっていくのは自然で、一時期はシワが増えたと言われていたのが、今回、「顔だちが変わった」という指摘が多かったことについて、グランシー・クリニックのルーシー医師らは、「盛り上がっている頬やスッキリとした顎のラインは、痩せた顔をふっくらさせるためのフィラーによるものの可能性があります」「眉毛の位置が高くなり、眼の幅が広がって見えるのは、ボトックスの典型的な症状かもしれません」と「Daily Mail」に語っている。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)