大貧乏のどん底に転落!小雪主演「大貧乏」第1話レビュー

大貧乏のどん底に転落!小雪主演「大貧乏」第1話レビュー

小雪が主演をつとめる、フジテレビ系列ドラマ「大貧乏」。1月8日(日)よる9時に放送された第1話は、シングルマザーの主人公・七草ゆず子(小雪)が、新年早々"大貧乏"に転落。しかしそこに高校時代からゆず子に思いを寄せていた、エリート弁護士の柿原新一(伊藤淳史)が現れる。柿原はゆず子のピンチを救いハートをゲットできるか!?

2017年1月1日、七草ゆず子、七草翔太(今井暖大)、七草実結(野澤しおり)は、家族3人で初詣をする。ゆず子は、おみくじで"大吉"を引き、今年はいいことがありそうな予感に期待するが……。
マンションから水を出し階下の住人に賠償金を支払う事になる。さらに悪い事に、ゆず子が勤めていた人材派遣会社、ディメンションズ・オブ・ヒューマニティ(DOH)が破産。明日生活するお金にすら困る"大貧乏"に転落する。

1 仕事も貯金も全て失う!

ゆず子は、ハローワークで仕事を探そうとするが、2人の子供を抱えて仕事をしようとすると、条件に合う所が見つからない。ママ友、櫻沢まりえ(内田理央)のアドバイスで同窓会に出席。元同級生のツテを頼って仕事を探そうとするが、うまくいかずに終わる。

一方、弁護士の柿原は、同窓会でゆず子に声をかけようとするが、ゆず子に気付いてすらもらえない。しかし、人づてにゆず子のピンチを知り、もう一度ゆず子に会うため、ディメンションズ・オブ・ヒューマニティ(DOH)の事を調べ始める。ディメンションズ・オブ・ヒューマニティ(DOH)が破産した原因は、情報漏えいの賠償金、250億円にあった。

ディメンションズ・オブ・ヒューマニティ(DOH)社長、天満利章(奥田瑛二)は弁護士を伴い社内向けの説明会を開く。給料の未払い等についてお詫びするものの、社内預金についても一切返ってこない事が明らかとなる。途方に暮れる、ゆず子だが、さらに悪い事に、水道の修理費用の請求が舞い込み、全財産が3千円になってしまう。

2 元同級生で弁護士の柿原が救世主に!?

柿原はゆず子に会社の破産申請の件でと、あくまでも弁護士の仕事の話しとして電話をする。ゆず子は柿原を詐欺師ではないかと訝り怪しむが、昼飯を目的に待ち合せのレストランへ向かう。

ゆず子は、翔太、実結とともに、レストランにやってきた。柿原は、弁護士らしく真面目に話を進めようとするが、子供たちに妨害されうまくいかない。業を煮やした柿原は、本当はゆず子の同級生である事を語り始める。

しかし、ゆず子は、柿原が同窓会にいたことも、クラスにいたことすら全く覚えていない。柿原は、ゆず子に高校の頃からずっと憧れてたと告白するが、ゆず子は子供たちの世話に気を取られ全く聞いていない。そのうえ、間違ってシャンパンを飲んでしまう。酒に弱いゆず子は酔っ払って柿原に絡みはじめ、柿原のオフィスに行きたいと言いだす。

3 会社の破産には裏があった!?

オフィスを見たゆず子は柿原にカッコイイと言うも、頑張ってきた人は違うなどと泣きごとを言う。柿原はゆず子に褒められたことに有頂天になり、ゆず子をなぐさめつつ、"押して、押して、押しまくる作戦"をとる事を決める。

加瀬春木(成田凌)は、会社からデータを盗み出すところを経理部長の浅岡礼司(滝藤賢一)に見つかり問い詰められるが、ゆず子にばったり出会い、なんとか浅岡をやり過ごす。その時、会社には"押して、押して、押しまくる作戦"中の柿原が押し掛けてきていた。

ゆず子は、加瀬を連れて柿原に会いに行き、加瀬を彼氏だの片思い中だのと紹介したうえ、「お付き合いできません」と断る。見事にフラれた柿原だが、めげることなく、仕事の匂いがしたからゆず子に声をかけたと誤魔化し、ディメンションズ・オブ・ヒューマニティ(DOH)の破産には裏があると断言する。

4 子供たちを守れるのはゆず子だけ!

レストランで、柿原はゆず子と加瀬に、ディメンションズ・オブ・ヒューマニティ(DOH)が250億円もの金額を一括清算すること自体がおかしいと切り出し、疑惑の追及を提案する。しかし、ゆず子は、明日の生活にすら困る状態であるのに、疑惑の追及の様な事に関わっている暇はないなどとして協力を拒否。柿原は、「3人の穏やかな生活を壊されたのに疑問を持たないのか」と食い下がるが、ゆず子は柿原とは「住む世界が違う」として突っぱねる。

その夜、ゆず子は夕食にすら困る状態に陥っていた。子供たちにカップラーメンを与えるが、子供たちはカップラーメンの取り合いをして喧嘩。正月の餅を揚げて食べようとするも油が無い。結局、子供たちをお腹を空かせたまま寝かせてしまう。

深夜、翔太と実結が起きてきて。翔太が、翔太の靴下が詰まって水が溢れ出た事、初詣では個人的な事はお願いをしてはいけないのに、サッカーのシューズが欲しいなどとお願いをした事で"大貧乏"になってしまったと責任を感じ、サッカーを辞めると言いだす。ゆず子は、「あなたたちは何も悪くない」と子供たちを諭し、翔太に試合までに新しいシューズを買ってあげると約束する。

一方、柿原は加瀬からディメンションズ・オブ・ヒューマニティ(DOH)のデータを買い取り、書類を読破。データから裏金の可能性を発見する。

5 裏金を追及しようとすると……。

柿原は加瀬を呼び出し、ディメンションズ・オブ・ヒューマニティ(DOH)のテナント料が相場より2億円高く計上されており、15年で30億円分を裏金としてプールしている可能性があることを説明する。しかし、その証拠となるファイルは、会社にあった。

そこで、柿原はゆず子に協力を求める。ゆず子は一度はバイトがあるとして断るが、子供たちに「守る」と約束したことを思い出し、柿原に協力することにする。

柿原、ゆず子、加瀬は、会社で鍵のかかったロッカーを開くが、裏金の証拠となる"Bファイル"だけがなくなっている事に気付く。ゆず子は、経理部の人に電話をして回るが、誰も知らないといい、見つからなかった。

サッカーの試合の日、ゆず子は、翔太に新しいシューズを買ってやれなかったことを詫びる。そこに、柿原が現れ、昨日のゆず子のバイト料だと称して、翔太に新しいシューズをプレゼントする。

柿原とゆず子が翔太の試合を観戦していると、経理部の野村梨沙(仲里依紗)からゆず子に電話が入る。梨沙は「不正なお金を送金していたかもしれない」とし、"Bファイル"を持っているという。梨沙は、ゆず子の説得に応じ、ゆず子に"Bファイル"を渡すことを約束する。

ゆず子が梨沙に会うため駅へ行くと、逆側のホームで梨沙を発見する。ゆず子がホームの向こう側へ行こうとした時、人身事故が発生。電車が急停車する。そして、梨沙の姿は消え、ゆず子の携帯には"やっぱり渡せません"とメールが届く。ゆず子が、ふと顔をあげると、そこには"Bファイル"を持った浅岡経理部長の姿があった。

次回第2話は、1月15日(日)よる9時より放送

裏金探しで2人が急接近!? となる第2話は、フジテレビ系列で1月15日(日)よる9時より放送。

「大貧乏」公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/daibinbo/

ニュースをもっと見る

関連記事

music.jpニュースの他の記事もみる

エンタメの主要なニュース

エンタメのニュース一覧へ

09時56分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索