区立保育園で異物混入の疑い 練馬区

区立保育園で異物混入の疑い 練馬区

 練馬区にある区立保育園で、職員が飲んだペットボトルに異物が混入した疑いがあることがわかりました。職員は一時的に意識を失い、警察が事件と事故の両面から調べています。

 練馬区によると、おととい正午ごろ、区内にある北大泉保育園の職員が、休憩室の冷蔵庫から自身が飲みかけのペットボトルを取り出し、一口飲んだところむせ返り、その場で意識を失い倒れました。

 園長がペットボトルを確認したところ、休憩室にある洗剤と同じ臭いがしたため、異物混入と判断し緊急搬送を要請したということです。

 職員は意識を回復し、現在は、下痢の症状で、自宅で療養中です。

 保育園では、児童の安全を最優先に給食食材の検査や園内の安全点検を実施しています。

 警察は、事件と事故の両面で捜査しています。

おすすめ情報

TOKYO MX NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索