C型肝炎治療薬販売 薬事法違反で2人逮捕

 高額なC型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品が流通した事件で、警視庁は、卸売業者に偽造品を販売したなどとして男女2人を逮捕しました。

 逮捕されたのは、いずれも住所不定・無職の大久保 博幸容疑者と菊地 さおり容疑者の2人です。2人は去年1月、千代田区の医薬品卸売業者に、C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品のボトルを1本およそ80万円で売った疑いが持たれています。偽造品のボトルにはビタミン剤が入っていたということです。

 また、大久保容疑者らは医薬品を販売する資格を持っていないのにもかかわらず、おととし11月から12月にハーボニーの正規品のボトルを3本およそ275万円で販売した疑いも持たれています。

 警視庁は2人の認否を明らかにしていませんが他にも関わった人物がいるとみて捜査しています。

おすすめ情報

TOKYO MX NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索