5歳女児の虐待死、両親は寒い部屋に放置か 東京・目黒

5歳女児の虐待死、両親は寒い部屋に放置か 東京・目黒

 東京・目黒区で5歳の女の子が虐待されて死亡した事件で、逮捕された両親は冬に暖房が切られた自宅に女の子だけを放置して外出していたことが分かりました。

 船戸結愛ちゃん(当時5)が「もう おなじことはしません ゆるして」などと悲痛な言葉を書き残して亡くなった事件で、両親が逮捕されてから一夜が明け、目黒区の現場には花を手向ける人の姿がありました。献花に来た人は「自分の娘が全く同じ名前で、家も近い。平仮名で全部書かれている文章を見て、いたたまれなくて献花に来た」と話していました。

 警視庁によりますと、父親の船戸雄大容疑者(33)と母親の優里容疑者(25)は、結愛ちゃんに十分な食事を与えず、結愛ちゃんが極度に衰弱してからも病院に連れて行かずに死亡させた疑いが持たれています。

 警視庁へのその後の取材で、雄大容疑者と優里容疑者は1月から2月までの間、暖房が切られた自宅の部屋に結愛ちゃんだけを残して買い物や食事に出掛けていたことが分かりました。結愛ちゃんは1月に目黒区に引っ越してきてから、1回しか外出させてもらえなかったということです。また、結愛ちゃんは冬に自宅のベランダに裸足のまま放置され、足の裏にはしもやけの痕も残っていたということです。

 雄大容疑者と優里容疑者は容疑を認めていて、警視庁は2人が日常的に虐待していた可能性があるとみて調べています。

<児童相談所と警察の連携、訴える>

 結愛ちゃんが死亡するまでのいきさつが次々に明らかになっていますが、なぜこの痛ましい事件が防げなかったのかと思いが募ります。この事件について、虐待を受けた子どもの支援に取り組む後藤啓二弁護士(NPO法人シンクキッズ,子ども虐待・性犯罪をなくす会)は「東京都の児童相談所が家庭訪問をしながら、母親に面会を拒否された。その時点でそのままにしてしまった。面会拒否は非常に危険な兆候。(児童相談所が)会えないなら警察に連絡する。警察に連絡したら、その日のうちに(警察は)会いに行くので、結愛ちゃんの状況を確認できた。ガリガリに痩せていて傷もあったというので、その場で緊急に保護できたと思う。児童相談所が警察に連絡さえしていれば、結愛ちゃんが殺されることはなかったと思う」と語り、行政と警察との連携に問題があると指摘しています。

 後藤弁護士は事件が発覚した3月に、東京都の児童相談所が把握している虐待が疑われる案件全てを警察と共有するよう、対応の改善を求める陳情書を東京都議会に提出しています。

<虐待情報「全件共有」 東京都議会で審査も…>

 後藤弁護士の陳情は7日に審査され、東京都と警察が共有する情報の範囲を広げる方針が示されました。

 「全件共有」について都の担当者は、専門家から「全ての情報について連携が必要ではない」と助言されたことを明かしながら、今後も警察との連携強化を図る考えを示しました。都・福祉保健局の谷田治部長は「(東京都が意見を求めた弁護士の助言として)相談した内容が警察に流れることになれば、児童相談所への相談をためらう恐れがある。親が相談をためらうことになれば保護者の支援にも支障が生じる恐れがあり、結果的に虐待が発見されにくくなる恐れがある。都としては、日常的な警察との連携が重要と考えている。さらなる連携強化に取り組んでいく」と答弁しました。

 また、東京都は警察と情報共有する範囲を拡大するなど、虐待防止に向けて対応を加速させるとしました。後藤弁護士の陳情は採決の結果「継続審査」となっています。

おすすめ情報

TOKYO MX NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索