東海道新幹線3人殺傷事件 東京駅に不安広がる

東海道新幹線3人殺傷事件 東京駅に不安広がる

 走行中の東海道新幹線の車内で6月9日夜、複数の乗客が刺され、1人が死亡した事件を受け、一夜明けた6月10日、東京駅でも乗客たちに不安が広がっています。

 事件があったのは東海道新幹線の東京発新大阪行きのぞみ265号の車内で、6月9日午後10時ごろ、神奈川県の新横浜ー小田原間を走行中、男が複数の乗客を刺して男性が死亡し、女性2人がけがをしました。神奈川県警に現行犯逮捕された自称・愛知県岡崎市の無職・小島一郎容疑者22歳は「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」と供述しているということです。一夜明け、6月10日の東海道新幹線は始発から平常通り運行しました。

 東京駅を出発した新幹線の中で起きた事件ということで、利用客からは不安の声が上がっています。
乗客は「すごく不安でした。2時間半ずっと不安でした。変な人が乗ってこないかなって。やっぱり武器を持っているのが一番怖い」「見渡して変な人いないよねと乗った時に同乗者と話をした。飛行機の手荷物検査みたいなことをやらなきゃねと言っていたけど、そんなことをやってたらこの時間に乗れない」と話していました。

 神奈川県警によりますと小島容疑者は「東京から乗った」と供述していて、現場からは少なくとも2本の刃物が見つかっているということで、警察が当時の状況を詳しく調べています。

おすすめ情報

TOKYO MX NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索