ゲリラ豪雨 井の頭線の駅で冠水

ゲリラ豪雨 井の頭線の駅で冠水

 13日の東京都内は南から湿った空気が入った影響で大気の状態が不安定となり、各地で落雷や局地的な雨に見舞われました。各地に大雨洪水警報が出され、杉並区では駅が冠水するなどし、多摩地域では停電の被害が出ています。

 都内は午後から大気の状態が不安定となり、各地で落雷が発生し、所によってバケツをひっくり返したような大雨が降りました。一時、23区西部と多摩北部に大雨警報や洪水警報が発表され、都内全域に雷注意報が発表されました。東京都は午後3時すぎに水防本部を設置し、対応に当たりました。

 杉並区では、午後3時前に京王井の頭線の久我山駅で、降った雨が構内に入り込み、エスカレーターが一時、冠水する事態となりました。京王電鉄によりますと、激しい雨の影響で井の頭線は富士見ケ丘−吉祥寺駅間で一時運転を見合わせました。

 多摩地域も各地で雷雨に見舞われ、三鷹市の野川で一時、氾濫危険水域に達しましたが、現在は通常の水位に戻っています。また、多摩の4つの市で停電が起き、日野市で3700軒、八王子市で2100軒など一時、合わせて7000軒に上り、東京電力が復旧作業を急いでいます。


関連ニュースをもっと見る

おすすめ情報

TOKYO MX NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索