クレーム続出の小学教諭、児童に水取らせず 東京・小金井市

クレーム続出の小学教諭、児童に水取らせず 東京・小金井市

 東京・小金井市の公立小学校に勤務する20代の男性教諭が、校外学習で水筒を忘れた女子児童に対して十分に水分を取らせていなかったことが分かりました。

 小金井市教育委員会によりますと、20代の男性教諭は7月10日、校外学習の際に水筒を忘れた小学2年生の女子児童に対し「出発前に水をたくさん飲めばいい」などと言って、十分に水分を取らせていませんでした。小学校から校外学習の寺までは大人の足でも10分ほどかかります。

 最高気温が33℃に達する厳しい暑さの中、女子児童はおよそ1時間半もの間、水を飲めませんでした。そして女子児童は帰宅後に頭痛を訴え、保護者が市教委に連絡して問題が発覚しました。

 これについて近所の人からは「昔なら当たり前の印象だが、最近は厳しくなっている。暑い中、強要するのは良くない」「全てが学校の責任ではない。親が気を付けるべき」など、さまざまな意見がありました。

 男性教諭は4月に東京都から派遣された臨時職員で、女子児童のクラスの担任として勤務しています。今回の問題のほかにも、児童を無視したり不適切な発言を繰り返したりしていたということです。

 同じ小学校に子どもを通わせる親は「『怖くて学校に行けない』というから、すごく心配して、朝、学校まで送っているという話を聞いた」「『忘れ物をしたら怒られるから、学校に行きたくない』と聞く」「見に行った保護者が教室をのぞいたら『給食の時、お通夜のようだった』と聞いた」などと話しています。5月にはおよそ20人の児童の保護者が「先生が怖い」などの理由で、学校に担任を替えるよう求めていました。

 市教委は8月2日、男性教諭に対して「命に関わる可能性もあった」「児童の安全を第一にしてほしい」と口頭で注意をしたということです。


おすすめ情報

TOKYO MX NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索