「財産を奪われた」 ジャパンライフ債権者集会

「財産を奪われた」 ジャパンライフ債権者集会

 磁気ネックレスなどの預託商法を展開し、多額の負債を抱えて破産手続き中の「ジャパンライフ」の債権者集会が11月12日に東京・港区で開かれました。

 ジャパンライフは、磁石が埋め込まれたネックレスやベルトなどを客が購入し、それを別の客にレンタルすれば年間6%の収入を得られるとうたう「レンタルオーナー契約」などを展開していました。しかし、消費者庁の命令で会計監査を受けた結果、2017年3月末の時点で338億円の債務超過と判明しました。また、契約に必要な磁気治療器が大幅に不足している実質的なペーパー商法だったことも明らかになり、一部の契約はマルチ商法と認定されました。

 債権者集会にはジャパンライフの山口隆祥会長も訪れ、およそ1時間半にわたって開かれました。しかし、参加した債権者からは「金を返せない状況でそれで終わりなんて、納得できない」「(両親の被害は)1億8000万円ぐらい。ほとんどの財産を奪われてしまった状態」「本当につまらないことをやってくれるよ。時間の無駄」などといった声が聞かれました。

 信用調査会社によりますと、ジャパンライフの負債総額は2405億円(2017年3月末時点)で、会員は高齢者を中心に6800人以上(2017年7月末時点)ということです。


関連ニュースをもっと見る

おすすめ情報

TOKYO MX NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索