寝ているのに「出勤」 東京・調布の小学校職員を処分

寝ているのに「出勤」 東京・調布の小学校職員を処分

 東京・調布市の市立北ノ台小学校に勤める45歳の男性職員が、勤務していない日に出勤したように装って約15万円分の給与を不正に得たとして、市の教育委員会から停職2カ月の懲戒処分を受けました。

 調布市教育委員会によりますと、この職員は2017年2月からことし8月にかけての9日間、勤務を休んだ日に市役所へ行き、庁舎内にある機械でタイムカードに「出勤」を記録して自宅に戻り、寝るなどした後、再び市役所に戻って「退勤」の記録をしていました。勤務する学校には「体調不良で休む」と連絡をしていました。聞き取りに対して男性職員は「有給休暇の残り日数が少なくて不安になった」などと話しているということです。


関連ニュースをもっと見る

おすすめ情報

TOKYO MX NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索