東京初!町田駅近くに救急隊の分駐所 到着短縮目指す

東京初!町田駅近くに救急隊の分駐所 到着短縮目指す

 日中の救急要請が多いターミナル駅の一つ、東京の町田駅の近くに、東京消防庁で初めてとなる救急隊の分駐所が開設されました。通報から到着までの時間短縮が期待されています。

 分駐所が設けられたのは、町田駅から約800メートルの場所にある町田市の施設の中です。町田消防署の新藤博署長は「原町田分駐所の目的である救急車の機動的な運用により、駅周辺の需要に対応し、地域の安全安心に全力で取り組んでいく」とあいさつしました。

 町田駅周辺では2017年の1年間で2000件以上の救急要請があり、その数は年々増加傾向にあるといいます。さらに、2017年11月に町田消防署が町田駅から離れた場所に移転したことで、駅周辺への救急車の到着時間が伸びたことが分駐所開設につながりました。

 分駐所には午前8時半から午後8時半まで町田消防署の救急隊が待機し、出動に備えます。

おすすめ情報

TOKYO MX NEWSの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索