豊洲市場の観光施設、東京都と万葉倶楽部が合意 小池知事が“謝罪”

豊洲市場の観光施設、東京都と万葉倶楽部が合意 小池知事が“謝罪”

 東京都の豊洲市場に整備される観光拠点「千客万来施設」について、小池知事は事業者の万葉倶楽部と工事を進めることで合意したと明らかにしました。2020年東京オリンピック後に着工する計画です。万葉倶楽部の高橋弘会長は「一緒に仕事をするいい形ができた」と安堵の声を上げています。

 東京都の小池知事は31日午後4時ごろ、東京都庁で記者団の取材に応じ、東京都と万葉倶楽部が東京オリンピック・パラリンピックの後に、千客万来施設の工事を進めることで合意したと語りました。この中で小池知事は「事業を実際にするか否か、(万葉倶楽部に)尋ねてきた。期限を切る中で先方から前向きな答えをもらって、事業を継続する。お互い信頼の上で、前に進んでいきましょうと足並みがそろった。大変うれしく思う」と語りました。

 万葉倶楽部の関係者によりますと、30日に神奈川県内で小池知事と万葉倶楽部の高橋会長が面会し、小池知事が謝罪をした上で、工事を進めることで合意したといいます。小池知事は「都民の期待に応えないといけないと思った」という内容を話したということです。

 オリンピックまでは千客万来施設の建設予定地で一時的にさまざまなイベントなどを開き、にぎわいを創出する案があるということです。合意に至ったことについて、高橋会長はTOKYO MXの取材に対して「小池知事と私が意見の一致に到達した。一緒に仕事をするいい形ができた」と喜びを語りました。

 また、小池知事は豊洲市場のある江東区役所を訪れて、江東区の山崎区長に万葉倶楽部とともに千客万来施設を進めていくと説明しました。これについて江東区民からは「そのまま行くのならそれが一番いいのでは。今さらどうやっても、時間的に何もできない。落ち着くところに落ち着いた」「時間がかかってもできるのなら楽しみだが、今までの経緯から考えると、実現するのか」など、さまざまな声が聞かれました。

 築地再開発の表明から約1年となる中、膠着(こうちゃく)状態から一転して、千客万来施設は建設に向けて動き出しました。

おすすめ情報

TOKYO MX NEWSの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索