銀座の田んぼで田植え初体験

銀座の田んぼで田植え初体験

 日本有数の商業エリア、東京・銀座に設けられた田んぼで、酒米の苗を植える催しが開かれました。

 「コンセプトは銀座生まれの日本酒作り」という、この取り組みは神戸市に本社を置く酒造会社が開きました。中には、初めて参加した人たちもいて、ビルの屋上にある田んぼに足を取られそうになりながらも丁寧に酒米の苗を植えていました。

 主催した酒造会社は都心での田植えを通して食の大切さを知ってもらえればと話しています。参加者からは「童心に戻って楽しいです」「土に入る機会がないので楽しかったです」といった意見がありました。

 6月2日に植えた酒米は10月に稲刈りをする予定で、その後、日本酒の原料になるということです。

おすすめ情報

TOKYO MX NEWSの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索