ゆりかもめに新型車両 バリアフリー充実で11月導入へ

ゆりかもめに新型車両 バリアフリー充実で11月導入へ

 湾岸エリアを結ぶ新交通「ゆりかもめ」に新型車両が完成しました。

 ゆりかもめの新型車両7500系は、足の不自由な人が少しでも立ち上がりやすいようにドア付近の握り棒の形状が変更されたほか、車いすスペースが分かりやすいように床に表示を付けるなど、バリアフリー設備の充実が図られました。また、ドア上部に案内などを表示する2つの画面が設けられたほか、混雑しやすいドア付近の空調を改善するために送風機が設けられるなど、快適な乗車の実現に向けてさまざまな工夫が施されています。

 7500系は11月から運行を始める予定です。


おすすめ情報

TOKYO MX NEWSの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索