中野サンプラザ「存続厳しい」と区長 1万人アリーナは「大き過ぎ」

中野サンプラザ「存続厳しい」と区長 1万人アリーナは「大き過ぎ」

 東京・中野区の酒井区長は9月18日の会見で中野サンプラザについて、コスト面から「存続は経営的に厳しい」として、解体する方針を明らかにしました。一方、前区長が掲げた1万人規模のアリーナ建設は「大き過ぎる」と述べました。

 中野駅前に位置する中野サンプラザはコンサートホールなどを備えた複合施設で、中野区の象徴として長年親しまれてきました。6月の区長選で酒井区長は、前区長が示していた「中野サンプラザ解体と1万人アリーナ計画」について、「一度立ち止まり、区民参加で考えていく」と訴えて当選していました。

 酒井区長は地元の経済団体や住民らで構成する区民会議を開催し、区民の意見を聞いてきましたが、10回の開催予定のうち、まだ6回しか開催していません。しかし18日の会見で酒井区長は「中野サンプラザは開業から45年経過し、施設の更新時期を迎えている。存続させた場合、仮に15年もたせるなら32億円ほどかかる試算。経営的に厳しいと考えた」と述べ、存続は難しいという見方を示しました。

 そして、なぜこのタイミングで「解体発表」だったのか問われると「もちろん残してほしいという意見もたくさん聞いた。しかし(新設する中野駅の)西口改札や駅周辺のユニバーサルデザインなどを進める上で、早めの決断だが、事業を進めさせてほしいということ。皆さんには今後も説明を尽くしていきたい」と述べ、理解を求める考えを示しました。

 また、「1万人のアリーナ計画」について酒井区長は「1万人は大き過ぎるのではないか」と述べ、今後の区民会議などで議論をした上で、2019年3月をめどに素案を作りたい考えです。

<中野サンプラザの解体 区長なぜ今判断?>

 現在、中野駅周辺では中野サンプラザ以外にも複数の再開発が進んでいます。サンプラザと隣接する中野区役所の庁舎は北側に移転し、区役所跡地をサンプラザの敷地と合わせて再開発する計画になっています。さらに、中野駅も駅舎を新しくした上で西口改札を設けるなど、駅周辺で一体的な再開発が行われています。

 酒井区長は会見の中で「新たに作る西口改札や駅周辺の再開発を進める上で、早目の決断だった」と述べました。中野サンプラザの再開発計画が遅れることによって、連動するその他の再開発にまで影響が出ることを懸念した上での判断だったというわけです。

 今後の中野サンプラザ再開発に関するスケジュールとしては、あと4回開かれる区民会議で意見を聞いた上で、2019年の3月までに事業計画の素案を公表したいとしています。


おすすめ情報

TOKYO MX NEWSの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索