東京オリンピック・パラリンピックの観戦チケットのデザインがお披露目されました。

 紙で発行される観戦チケットには大会の基本カラーでもある紅・藍・藤・松葉の4つの日本の伝統色が使われ、各競技種目を表す絵文字=スポーツピクトグラムがあしらわれました。チケットのデザインはオリンピックで59種類・パラリンピックで25種類作られ、開会式と閉会式のチケットは別のデザインになるということです。東京・中央区の日本橋三井タワーでは全ての種類の観戦チケットが1月29日まで展示されています。

 当選者の手元にチケットが届くのは5月以降の予定です。