新型コロナウイルスの影響で休園していた東京・練馬区のとしまえんが3月21日から一部の営業を再開しました。

 練馬区の遊園地としまえんは新型コロナウイルスの感染拡大を受け2月29日から休園を続けていましたが、今日午前10時から一部の営業を再開しました。

 としまえんによりますと入園前に全員に検温を行い、37度5分以上の熱がある人は入園を断るということです。また他人との距離を確保するため、ジェットコースターは列を空けて座らせ、手で触る遊具は定期的にアルコール消毒を行うなどの対策を取っています。

 担当者によりますと、お化け屋敷など屋内にある8つの施設については密閉空間になる恐れがあるとして、営業休止が続けられ今後状況を見て再開していくということです。