新型コロナウイルスの感染拡大で2月末から閉鎖されていた東京都庁の展望室が7月1日から再開されました。

 都庁の展望室は地上200メートル以上の高さから東京の街を無料で一望できる人気のスポットです。再開された展望室には至る所に消毒液が置かれ、座席には距離を取って座るよう表示板も張られています。また、感染を防ぐため、一度に入れる人数を南・北の展望室とも100人程度とし、床には間隔を保つための目印も付けられています。

 展望室は開放時間を短縮し、午前10時から午後5時までの利用です。