「夏の天体ショー」ペルセウス座流星群が8月12日の夜、ピークを迎えます。
国立天文台によりますと、13日夜までは多くの流星が肉眼で観測でき、最大で1時間あたり30個ほど観られると予測されています。