子どものための街づくりを推し進めている東京・豊島区の池袋の街に、親子で遊べる新しいスポットがオープンします。注目は1周65メートルの「ミニSL」です。

 敷地面積1000平方メートル、総事業費3億6600万円をかけた「としまキッズパーク」が、いよいよ9月26日にオープンします。隣には7月にオープンしたばかりの豊島区最大の公園施設「イケ・サンパーク」もあり、遊具で遊んだ後は芝生の上でピクニックを楽しむこともできます。

 平日の午前中は、区内の保育園児と幼稚園児のためだけに開園するということです。