Windows、任意コード実行のセキュリティ脆弱性

Windows、任意コード実行のセキュリティ脆弱性

JPCERTコーディネーションセンター(Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center、JPCERT/CC)は8月4日(米国時間)、「Japan Vulnerability Notes(JVN)」に掲載した記事「JVNVU#92360223: Microsoft Windows のショートカットファイルで指定されたコードが自動的に実行される脆弱性」においてWindowsのセキュリティ脆弱性について伝えた。該当するソフトウェアを使用している場合にはアップデートを適用し、早期に問題に対処することが推奨される。

セキュリティ脆弱性の影響を受けるプロダクトは次のとおり。

Microsoft Windows

外向きの139/tcp、139/udp、445/tcp、445/udpを遮断することで脅威を緩和することが可能だとされている。すでにアップデートが提供されていることから、該当するプロダクトを使用している場合にはMicrosoft Updateを適用するなどして早期にアップデートを実施することが望まれる。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索