MIFS、SSTからメモリ技術をライセンス - 40nm車載プラットフォームを開発

MIFS、SSTからメモリ技術をライセンス - 40nm車載プラットフォームを開発

三重富士通セミコンダクター(MIFS)とMicrochip Technologyは8月7日、Microchipの子会社であるSilicon Storage Technology(SST)からライセンスされるSuperFlashメモリ技術を使って、40nmプロセスを採用した車載プラットフォームを開発する計画を発表した。

SuperFlashメモリソリューションは、独自のスプリットゲート型フラッシュメモリセルをベースとしたもので、低消費電力での書き込み/読み出しや、50万回の書き換え寿命といった特徴を有している。

今回の提携により、MIFSは日本でSuperFlashテクノロジープラットフォームを提供するファウンドリとなり、同社では、同技術をIoTや高耐圧分野への応用、特にAEC-Q100(Grade1)準拠の車載アプリケーションへの注力を進めていくとしている。

なお、同プラットフォームについてMIFSでは2017年第4四半期よりカスタマのテストチップ用に提供が可能になる予定だとしている。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索