Windows Server上でもWindows Subsystem for Linux - Insider PreviewでWSLサポート

Windows Server上でもWindows Subsystem for Linux - Insider PreviewでWSLサポート

Microsoftは2017年8月8日(現地時間)にリリースした、Windows Server Insider Preview ビルド16257で、WSL(Windows Subsystem for Linux)およびLinuxディストリビューションをサポートしたことを公式ブログで明らかにした。Windows 10上で動作するWSLと同じくELF64(Executable and Linkable Format 64)が動作し、Windows Server上でNode.jsやRuby、Pythonなどのツールがネイティブに動作する。ただし、デーモンやジョブといったLinuxサービスはWindows 10上のWSLと同じく未サポート。

MicrosoftはWindows Server上でWSLをサポートする理由として、「(同OSを)開発者にとって最適な場所にしたい。Linuxツールを日常業務の一部として取り込みたいと考える開発者やサービス管理・構築を行うシステム管理者は多い」と説明する。これまではCygwinなどGNUツールのWin32移植版や仮想マシン上でLinuxを実行するといったシナリオが選択可能だったが、ビルド16237からサポートしたWSLによって、各Linuxディストリビューションの利用が可能になった。なお、インストールガイドを参照することで、Ubuntu以外にもOpenSUSEやSLES(SUSE Linux Enterprise Server)も選択できる。

阿久津良和(Cactus)

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索