インタフェースやアクセシビリティ向上のOracle VM VirtualBox 5.2 Beta 1公開

インタフェースやアクセシビリティ向上のOracle VM VirtualBox 5.2 Beta 1公開

Oracleは、同社の仮想化ソフトOracle VM VirtualBoxの最新β版「Oracle VM VirtualBox 5.2 Beta 1」を公開したことを公式ブログで発表している。β版はテスト目的で公開されるものだ。

新バージョンでは、アイコンやツール類のユーザーインタフェースの改良、ゲストOSのインストールなど初心者向けにも扱いやすいようにアクセシビリティを改善。仮想マシンのエクスポートにOracle public Cloud Fprmat 1.0の追加、EFIのサポート、AudioやVideo周りの機能強化や改善が数多く行われている。ブログでは、β版での不具合など、フォーラムでの報告を求めている。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索