Azure App Serviceで継続的デプロイ「Azure App Service plugin for Jenkins」

Azure App Serviceで継続的デプロイ「Azure App Service plugin for Jenkins」

Microsoftは2017年8月8日(現地時間)、Microsoft AzureをPaaSとして利用するAzure App Serviceで、Jenkinsを使用する「Azure App Service plugin for Jenkins」の活用を公式ブログでうながした。

JenkinsはCI(継続的インテグレーション)とCD(継続的配信)サービスを提供するJavaベースのOSS(オープンソースソフトウェア)として、開発者の間では広く使われている。Microsoftは公式ブログで「プラグインを利用することで、Webアプリケーション用Git&FTPやDockerなどAzure Web Appへの展開が可能」と説明、JenkinsfileでPipelineを定義すればプラグイン上でも展開指定を行える。

Azure Web Appは.NETやPython、Javaなど各種開発言語を用いてWebサイトやWebアプリケーションの構築・管理環境として、スケール拡張やロードバランシングといった基盤の状態を気にせず、コード開発や管理に集中できるのが特徴的。Web App for Linuxは現在パブリックプレビュー版で日本の東西2リージョンでは利用できない。

阿久津良和(Cactus)

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索