ソフトバンクロボティクス、Pepperによる決済を可能にするレジアプリ

ソフトバンクロボティクス、Pepperによる決済を可能にするレジアプリ

ソフトバンクは11月20日、 Pepper for Biz向けに、Pepperによる決済を可能にする法人向けソリューション「レジ for Pepper」を開発し、12月4日より申し込み受け付けを開始すると発表した。サービスの提供開始は2018年1月以降を予定している。

「レジ for Pepper」は、注文の受け付けから決済までをPepperが行えるようにするソリューションで、日本語、英語、中国語での対応が可能。決済方法は、「Origami Pay」や「Alipay」に対応し、QRコードで決済することが可能。

ソリューションには、「Plan A(月額1万5,000円)」「PlanB(月額2万5,000円)」「PlanC(月額3万5,000円)」が用意され、基本的な機能がそろう標準的なプラン「Plan B」では、「クラウドPOS」との連携により、来店する顧客層や各商品の注文率をデータ化し分析することが可能だという。

また、専用機器と連携することで交通系やiDなどの電子マネーにも対応する。

さらに、「PlanC」では顧客の顔と注文商品をPepperに記憶させることができ、2回目以降の来店時に好みに合う商品をレコメンドする。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索