ゼノデータ・ラボ、東海東京FHDとAIによる業務効率化で資本提携

ゼノデータ・ラボ、東海東京FHDとAIによる業務効率化で資本提携

金融情報分析AI開発を手がける「ゼノデータ・ラボ」は11月22日、東海東京フィナンシャル・ホールディングスと資本業務提携したことを発表した。

今回の資本業務提携は、東海東京フィナンシャル・ホールディングスのFintech戦略の中におけるAIの活用の位置づけとして、ゼノデータ・ラボの保有する独自のAIを用い、2社間で協業して業務効率化、情報配信強化を目指すもの。

すでに2017年11月6日から東海東京証券およびその開発会社が共同で開発をしたTTScan(営業担当向けおよびオンライントレード向けツール)に、ゼノデータ・ラボ独自のエンジンを用いて、東海東京証券向けに開発をしたTTFlashの配信を開始。これにより、営業担当者や個人の顧客が、アナリストレポートがないような中小型銘柄でも決算開示資料を見ることなく、決算の概要を顧客に説明、理解できるようになるという。

また、エクィティリサーチ業務の効率化として、2017年11月1日より東海東京調査センターに向けて、ゼノデータ・ラボ独自AIによるリサーチレポートxenoFlash、xenoStory、および自動Excelダウンロード機能の提供を開始している。これにより、決算繁忙期におけるリサーチ業務の効率化につなげ、アナリストがより付加価値の高いリサーチ業務に多くの時間が使えるようになることを目指す。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索