高機能ガラス部材の成型加工技術の普及へ - 産総研、コンソーシアムを設立

高機能ガラス部材の成型加工技術の普及へ - 産総研、コンソーシアムを設立

産業技術総合研究所(産総研)は、ガラスの物性測定技術や精密成型技術の普及と情報交換を目的とした「ガラス物性測定コンソーシアム」を設立したと発表した。

ガラスは、耐久性や耐熱性に優れるとともに、光透過性や高屈折率などの性質を有しており、光通信用のレンズや撮像系レンズなど、高い信頼性を必要とするデバイスへ広く活用されてきた。また、これからのIoT時代においては、従来の情報通信のみならず、産業・運輸などさまざまな分野での光学センシングなどにガラス部材の利用が広がることが期待できる。しかし、ガラスはプラスチックに比べて成形や加工が困難なため、高い耐久性や光透過性などのガラスの持つ利点が十分に生かされていなかった。

産総研では、これまでにSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)革新的設計生産技術「ガラス部材の先端的加工技術開発」などのさまざまな研究開発プロジェクトなどを通じて、ガラスの精密プレス成型や成型にかかわる粘弾性、粘性などのガラスの基礎物性測定に関わる研究を行ってきた。今回、その知見をより広く活用してもらうための情報交換の場として、コンソーシアムの設立に至ったという。

具体的には、講演会や講習会を開催し、ガラス部材の製造やそれを利用している民間企業、大学、公設試験研究機関と産総研が情報交換を行うほか、人材育成のために、基本的な知識についての講習会を開催していく予定であるとのことだ。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索