金沢大、脳の表面にシワを作るシグナルを発見

金沢大、脳の表面にシワを作るシグナルを発見

金沢大学は、脳回(大脳皮質の表面に見られるシワ)ができる仕組みを、独自技術を用いて明らかにしたことを発表した。

同成果は、同大 医薬保健研究域医学系の河?洋志 教授、松本直之 助教らの研究グループによるもの。詳細は、米国の科学誌「eLife」(オンライン版)に掲載された。

ヒトの脳の表面(大脳皮質)に存在する脳回は、高度な脳機能の発達にとても重要だと考えられているが、医学研究に用いられているマウスの脳には脳回がないため、従来、脳回に関する研究は困難だった。そこで、同研究グループは、マウスよりもさらにヒトに近い脳を持つ動物の研究が今後重要であると考え、これまでフェレットを用いた研究技術開発を推進し、フェレットを遺伝子レベルから解析する独自の研究技術を開発してきた。

研究グループは今回、従来の研究を発展させ、これまで解析が困難だった大脳皮質に脳回が作られる仕組みを探索し、線維芽細胞増殖因子(FGF)シグナル経路が脳回形成に重要であることを発見。FGFシグナル経路を抑制すると脳回の形成が阻害されることや、FGFシグナル経路の異常により脳回の神経細胞の数が減少することなどを見いだした。

同研究を発展させることにより、従来のマウスを用いた研究では解明が困難だった、ヒトに至る脳の進化の研究やさまざまな脳神経疾患の原因究明や、治療法の開発に発展することが期待されるという。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索