Pepperを教育機関向けに提供 - 小中学校の主要教科をが学べるアプリを開発

Pepperを教育機関向けに提供 - 小中学校の主要教科をが学べるアプリを開発

ソフトバンクグループは、ロボットを活用した教育支援のための社会貢献活動「Pepper 社会貢献プログラム」において、小中学校の主要教科を学べるロボアプリを開発し、2018年4月以降に提供すると発表した。

同アプリにおいてソフトバンクグループは、学研プラスが小中学生向けに販売しているドリル教材「学研版全科プリント」「学研版10分間基礎ドリル」と英語教材「がっけんのえほんやさん」からコンテンツ提供を受け、ソフトバンクロボティクスと共同でロボアプリとして開発する。

なおロボアプリはPepper 社会貢献プログラムにおいて、すでに全国282の公立小中学校などで使用されている約2000台のPepperと、2018年4月から開始する「Pepper 社会貢献プログラム2」で教育機関向けに貸与するPepperを対象に提供するという。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索