ハタプロ、LPWAで水道メーターの遠隔検針の実証実験に成功

ハタプロ、LPWAで水道メーターの遠隔検針の実証実験に成功

39Meister事業を運営するハタプロと長野県大町市、ケイ・オプティコム、グリーンハウスは共同で、水道メーター検針を遠隔で行うための実験を、LPWA方式の1つであるLoRaWANを利用して実施したことを発表した。

39Meisterは、ハタプロとNTTドコモによるジョイントベンチャー事業で、法人企業やベンチャー企業におけるIoTプロダクトの企画から量産までの事業化を支援している。

長野県大町市は、住居や集落が北アルプスの山中にも点在しており、冬季には多くの雪が積もる。そのため、これまで訪問による水道メーターの作業は多くの労力が必要だった。

今回の実験では、実際の住居3カ所において、既存水道メーターと置き換える形でスマート水道メータを新設、さらにデータ伝送のためにケイ・オプティコムが開発したLoRaWANゲートウェイとプラットフォームを使用し、LoRaWANネットワークを各住居と大町市役所との間に構築。各家庭における水道の使用状況を、遠隔にて常時監視することが可能であることを確認した。

また、水道メーターは地中に埋められていることも多く、今回の実験でも地中にスマート水道メーターを設置した状態での実験だったが、最適な通信条件を設定することで、気象条件等にも左右されることなく、安定した通信が可能になったという。

冬季にはスマート水道メーターの設置部分に対して積雪があったが、その間でも通信品質に大きな影響はなかったという。

今回の実験から、リアルタイムに水道の利用状況が分かる利点を生かし、水道利用量の見える化による各家庭への節水の動機づけや、1人暮らしの高齢者のゆるやかな見守りサービスなどへの応用するにも期待できるとしている。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索