進むコンビニ働き方改革、働き手のための新型POS導入 - ローソン

進むコンビニ働き方改革、働き手のための新型POS導入 - ローソン

ローソンは15日、同社が導入を開始している新型POSに外国人やシニアなど働き手に向けた機能の拡充を図ったことを発表した。

職場を問わず、まったく新環境で働くことになると覚えなくてはならないことが山のように襲ってくる。同僚や上司など助けてくれる人が居なければどうにもならないケースが出てくる。業務上の遅延はもちろん、とてつもない不安感は、働き手にとっても良くない。増してや外国から働きに日本を訪れる人はコミュニケーションも大変なものとなる。

新型POSレジ・自動釣銭機のイメージ(同社資料より)

ローソンは、外国人やシニアなど店舗の従業員が安心してレジ業務に取り組めるよう新型POSを導入している。昨年8月に発表した新型POS。操作はオートタッチパネルでナビゲーション操作や誤操作の際のポップアップやヘルプなどのIT化に加え、自動釣銭機による金銭管理の充実、止むを得ず小銭で商品を買う際にも、瞬時に小銭を自動計算してくれる。気兼ねが減ると同時にレジ前に並ぶ"列"の減少にも一役買ってくれそうだ。今年6月の時点で1,000店舗へ導入されている。

ログイン時に「中国語(簡体)」・「ベトナム語」・「ネパール語」と言語が追加され、スマートなナビゲーションが多言語される

新型のPOSレジは、ナビゲーションの多言語化を進めており、今回、誤操作した際のポップアップメッセージ機能、各操作画面のヘルプ機能、会計後の伝票処理時などのナビゲーション「中国語(簡体)」・「ベトナム語」・「ネパール語」に対応したことを同社は発表している。今回の新機能の追加は、外国人従業員が持つレジ操作への不安の軽減、安心して働いていただくことが目的だとしている。

なお同社では、今後もスマホで決済するサービス「ローソンスマホペイ」やRFIDを使った実証実験、店舗IT機器や設備の効率化や省力化、そして多様な人財が安心して働ける環境づくりに邁進していく旨を発表している。

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索