Google、Androidの32ビット版アプリのサポートを2021年8月に終了

Google、Androidの32ビット版アプリのサポートを2021年8月に終了

Android Studioデベロップメントチームは1月19日(米国時間)、「Android Developers Blog: Get your apps ready for the 64-bit requirement」において、2021年8月1日以降、32ビット版のみが提供されているアプリはGoogle Playにおいて配信されなくなると伝えた。

2019年8月1日以降、特定の条件下にあるアプリを除いて32ビット版だけの登録やアップデートは不可能になり、基本的に64ビット版の登録が必須になるとされている。

Android Studioデベロップメントチームは、開発者による64ビット版への移行作業はそれほど難しいものではないと説明している。ほとんどの開発者は多くのアプリをJavaやKotlinなどの非ネイティブコードで開発しており、コードを変更する必要性がないという。

Android Studioデベロップメントチームは、64ビット版アプリがもたらす利点を強調し、まだ移行ができていない開発者に対して早期に移行するように求めている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索